薩摩切⼦
薩摩切⼦

Concept

大好きな鹿児島と美しい伝統工芸『島津薩摩切子』に、香りを添えて日常に特別な一瞬を感じてほしい、と薩摩切子に精油を垂らすイヤリングを作っていただきました。
職人の繊細な技がなければ完成しなかった一品です。
薩摩切子の鮮やかで澄んだ色が特徴のきらめきと共に上質な香りをお楽しみください。
特別な方への贈り物にも。

日本の美が煌めく薩摩切子から、自然の生み出す美しい香りがふわりと香る。

暮らしの中に気品と健美を彩り、身に着けたその人の魅力がより華やぐ。

香る薩摩切子は、そんなジュエリアクセサリです。

薩摩切⼦
薩摩切⼦

咲き香る日本の伝統美

香る薩摩切子は、伝統と格式のある島津興業薩摩ガラス工芸と香りのプロであるMARUTAが生み出した新しいジュエリアクセサリです。

小さな小さなガラスの香り玉の内側に精油を垂らす空洞を作り、その表面に繊細なカットを刻むのは簡単なことではありませんでした。

熟達した職人の非常に高度な技術と情熱、長い長い試行期間を経てようやく香る薩摩切子はこの世に生まれました。

薩摩切⼦
薩摩切⼦
薩摩切⼦
薩摩切⼦

美しいきらめきを引き出す熟練の技

香る薩摩切子は、多くの職人の魂が吹き込まれて完成します。

まず初めに、2人の職人が色褪せのガラス玉を均等なパイプ状のガラス棒にしていきます。回すスピードが早すぎても遅すぎても使えるものになりません。ガラス棒がねじれないようあうんの呼吸が求められます。

その後、ガラス棒の先端を火であぶり、溶かして丸くしていき、一晩かけてじっくりと徐冷します。

最後に、模様の下書きをしたガラス玉にダイヤホイールでカットを入れていきます。ガラス玉はとても小さく滑りやすいので、極限の集中力を要する作業。カットを一つ一つ確認しながら丁寧に模様を整えていき、薩摩切子の代表的な文様「菊紋」が仕上がります。

薩摩切⼦
薩摩切⼦
薩摩切⼦
薩摩切⼦

あなただけの輝きと香りを

その時の気分や体調、シーンに会わせてお好きな精油を香り玉に垂らしてお使いください。
お好みの香りが耳元からさり気なく漂い、あなたの気品と健美をさらに高めます。
また、美術品である薩摩切子と精油が生み出す複雑で上品な輝きは唯一無二のもの。

控えめながらもしっかりとした存在感を放つその輝きは、日常使いにもハレの日にもお使いいただけ、場所やシーンを選びません。

香る薩摩切子は一つ一つ手作りのため、この世に同じものは二つと存在しません。
あなただけの特別なジュエリアクセサリです。

お色は「金赤」「蒼」「クリア」の三色をご用意しております。
一生物のアイテムとして、自分へのご褒美はもちろん、記念日や大切な方への贈り物にも。



Products
商品一覧